◇◆◇新着記事◇◆◇
初めての試写会。-2006/10/14(Sat)
・小学生の作文みたいなタイトルですが(笑) いつもレイトショーを見に行っている近所の映画館で、 11月公開予定の「手紙」(東野圭吾原作)の試写会があり ちょっと前に応募

歯型を取る -2006/08/26(Sat)
・大学3年の春から始めた歯列矯正。 そろそろ終盤に差し掛かってきました。 今日は月イチの受診日。 自分で運転して、地元の矯正歯科に行きました。 今上下の歯にブラケット

新世界-2006/08/24(Thu)
・…じゃないや、別世界。またも遭遇してしましました。今度は、残業帰りの武蔵野線。帰宅ラッシュに巻き込まれてかなり混んできた車内で、一生懸命吊り革をキープしていると

言葉にならない気持ち -2006/08/24(Thu)
・そんな歌をいつだかhickyが歌ってたね。 歌詞の内容はおいといて、 このフレーズは今の気持ちにぴったりだ。

SEの飲み会 -2006/08/23(Wed)
・夜、チームに北海道からお客様がいらしたのでその歓迎会。…なぜか幹事はあたしではない…っ!!ま、いっか…( ̄▽ ̄;)その飲み会での発見。     メガネ率70%(7/1

お疲れぎみ? -2006/08/22(Tue)
・ここ2~3日、ぱたっとベッドに倒れ込んだら最後、朝まで死んだように眠っています。コメントの返信も、遅くなりがち。ごめんなさい(^_^;)なんか良くないサイクルなのを感

メガネ男子、スーツ男子 -2006/08/19(Sat)
・本屋でこの2冊の本を見つけたので立ち読みしてみた。「メガネ男子」は前からあることを知ってたんだけど、「スーツ男子」もあることを知ったのは最近。メガネもスーツも、

ひさびさばとん~ -2006/08/17(Thu)
・自分のことバトン 【見たらすぐやるバトン】 >見た人は必ずやること。 いや、別にやらんでもいいです。 ネタがなかったのでやってみてます。 *基本情報*    SN :り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
忙しい中足を運んでくださったみなさん、
           どうもありがとうございました!

本当にたくさんのサークル友達と再会できて、
ぱっぴんすの送別会であるとともに同窓会のようで
また、個人的な感想としては
自分がゼミスタッフの時の顔ぶれが主だったわけで
なんだか懐かしいなぁとぼーっと考えたりしてました。
まあ、場所があそこだったということもあるかも。。。

あ、あとsayayaとぴかりんのラブプリに赤面したりしました(笑)

毎回のことながら、至らない幹事でしたけども^^;
「愛情」、ちゃんと持ってきてくださって嬉しかったです☆


後輩たちをまとめてくれたミオミオ、
諸事気を配って下さった天帝氏、まささんに
この場を借りて御礼を。
ありがとうございました。

そしてぱっぴんす。
素敵な留学してくるのだぞ。
行く前にもう一回くらい会えるといいね。


スポンサーサイト
07/24|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
セリフゼミのアフターに参戦(*^-^*)

女3人で逞しく頑張ってました。
巫女姿が拝めず残念でやす(/_;)
あそこに集うときに必要なモノは
ぶき:もうそう
よろい:コスプレ
コレ相変わらずです(笑)
そうそう、あたしが幹部やってたときの1年が、
幹部になってから任期を折り返しました。
もうすっかり先輩の風格。

予想以上にたくさんの人に会えて、しめしめむふふな感じでした。


07/04|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
サークル時代、幹部をやっていたのですけども
今宵は、代々その役職をやっていたメンバー(4代分)で集まって
馬場で肉を喰らいました。
ええ、もうこれでもかというほど肉を喰らいました。

なぜタイトルが「リベンジ」かというと
そもそも年末、新しい代に代わったときに
前の代の「お疲れ様」と新しい代の「頑張ってね」を祝おうと
引き継ぎ飲みが催されたのです。
しかーし。
年末、あたしは風邪でダウンしていて
2人を祝福できなかったのです。
なので今日はあたしが企画してみたというわけです。

私がやっていた「副委員長」というのは、
10人前後の幹部達を繋ぐ潤滑油みたいなもので
例えば「代表である委員長」とか「旅行や合宿の渉外担当」とか
はっきりした仕事はそんなにないのですが、
必要な仕事を見つけてサポートするのが仕事という感じです。
ふわふわしてますが、頑張れば頑張るほどやりがいのある仕事です。
それだけに(私はどうだか知りませんが^^;)よく気がつく人が多い。
焼肉に行くとそれがよく分かります。
みんながみんな肉を焼き、焼けた肉を分け、皿を下げる(笑)
でもガツガツしてなくてみんな穏やかで和やか。
すごい素敵なメンバーです。
あたし以外みんな男なんですけどね☆

今日はアナ研OGのゲストをお一人迎えての開催♪♪
会話がイロモノな方向に流れることもしばしば(笑)
「綺麗な手」「男らしい手」など手フェチ論議やオカマバー論議。
男3、女2がお互い手を握り合って品評しあっている図は
他から見たら多分相当気持ち悪かったでしょう。ふふ。
楽しかった~☆★

そして明日も肉を喰らいます。にく★



03/03|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
4年間慣れ親しんだサークルを、昨日、卒業しました。

久しぶりに集まった仲間たち。みんな元気そう。
めいめい気合い入れて着飾っていて、すごく綺麗。
男の子たちも、いつもより2割増しでかっこよく見える(笑)
スーツのせいかしら。
OBやOGの方々からの沢山のメッセージや、
後輩の企画モノに耳鼓(??)を打ちつつ、
気付くとアレが始まっていました。
そう、卒業DJです。

ずっと、自分はここで何を話せばいいんだろうと思っていました。
カッコイイこと言えるような人間ではないし、
思い出話で終わりたくないし
でも、じゃあ何を話せばいいんだろう。
直前まで悩みましたが、山ちゃんが話しているときに決めました。
アナ研で自分は何をしたかったのか。
自分の4年間の原動力は何だったのか。
それはみんなの笑顔だということ。
楽しんでくれること、興味を持ってくれること、自分の場所を見つけてくれること…
そのときにみんなが見せる笑顔が私の原動力だった、
そのことを伝えよう、と。

ゼミスタをやり、幹部をやり、学館に通い続けた日々。
誰かに褒められたくてやっているんじゃないから出来たんだろうな。
やわな気持ちでは投げたくなると思う。
失ったものや疑ったものも沢山あったと思うし。
でもそれ以上にいいことがいっぱいあった。
だって単純に嬉しいじゃない。
自分たちが作ったサークルでさ、みんなが話しながら笑ってるとさ。
たまらなく愛しくて嬉しくなるじゃない。
まぁ要するにただの世話好き、おせっかいなんです。
あいつの話のようにね。
でも間違いなく、だからあたしは頑張ったんだ。アナ研を。
150人をとことん喜ばせたくて。
あたしがアナ研で得た一番大きなことは、
喋ることではなく、こんな風に考える心だったのかもしれない。
だから、上級生になるにつれて自分の世界を見つけていった皆がDJで
「アナ研楽しかった」
と言ってくれたことがとてもとても嬉しかった。
よかった、アナ研はみんなにとって笑顔でいられる場所だったと。

あたしは未熟な人間で、
たくさんの人に迷惑をかけ、不満をもたらし、傷つけてきたと思うけど
この伝統あるサークルの幹部が2人とも女という事態は史上初のことで
相方にも仲間にも周りにもずいぶん迷惑かけてしまったけれど
でも誇り持ってやれたよ。頑張ってよかった。
ありがとう。

言葉のボキャブラリーが少ないせいもあり、
あの場所にいた人たちにどれくらい伝えることができたかは謎。
でも、言いたいことは、あらかた言えたと思います。

コンパで写真を撮りまくったり、後輩や同期と語らったり
駆けつけてくれた先輩とお話したり
卒業式からひっくるめて全部、全ての人に「ありがとう」を伝えたい。
素敵な式をありがとう。
素敵な夜をありがとう。
素敵な4年間をありがとう。
みんなみんな大好きです。






そういえば、やっと、残りの作品が完成しました。
卒業したのに部室を使うことへ若干違和感を感じつつ、
閉館間際までデッキと睨めっこ。
気付くとファイナライズが終わっていました。
キャストのみんな、待っててね^^

02/13|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
卒論を書きながら、BGM代わりに
サークルで作られたラジドラを聞いている。
たぶん6~7本聞いた。
これって変でしょうか。。。

自分が出たやつを聞くのはすごくくすぐったかった。
2年のときのTokyo Loversよりも
1年のときの甲子園のが自分の中ではよかったかも。
そう思ってキーボードぱちぱち叩きながらやや凹んだ。
もちろんどっちも、やってる時は本当に一生懸命で
それでももちろん学生レベルですから素人臭さいっぱい。
でも1年の時のはなんか潔かった。
変にちゃきちゃきしていた(笑)
演劇癖が残っていただけなのかもしれないが。
失うものとか怖いものとか知らないのって、時に武器なのだね。

個人的に好きなのは「Not Found」と「亡き人に」。
どっちもとても良いのだけど、
前者は演者が、後者は技術が特に素晴らしいと思う。
あぁ、最近作品を借りてないなぁ。
今度部室にいこう。
以上、深夜のひとりごとでしたww

01/08|サークルコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
サークルのゼミ活動が、ファイナルウィークに入りました。
要するに、日替わりでやってる活動それぞれが
最終回を迎える週なのです。

3年前・2年前と、ほとんど全部のゼミファイナルに顔を出してました。
去年は授業や就職活動もあって全部は無理だったけど、
行けるだけ行きました。
いとおしい顔がそこにはたくさんあるから。
こういう言葉って胡散臭いけど、本気です。(笑)

ゼミを立ち上げる企画書作りから始まって、約1年、全16回。
嬉しいことや悲しいこと、辛いこと、色々あったと思う。
(去年は幹部だったから、
ちょっとは近くで彼らの顔を見られていたと思うけど
今年はちょっぴり遠かったので、あくまで推測になっちゃうな)
自分達が一生懸命用意した舞台に
人がわざわざ時間を割いて乗ってきてくれることって
本当に、有難い。
自分が好きなものを、人が一緒に好きになってくれるって
本当に、嬉しい。
建前とか、駆け引きとか、計算とか、
人の気持ちが見えにくい場所は苦手。
でもこの時期になると、気持ちが原点に帰る。
そんな気持ちを取り戻させてくれる彼らがいとおしい。

11/18|サークルコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
いよいよサテスタ最終日。
空には厚い雲。
「午後から徐々に激しく降る」という全くありがたくない予報を背に
学校へ向かいます。

今日は出演+昨日買ったクラッカーで、やたら荷物が多い!
でも、控室に荷物を置きに行くのは面倒なので、
ものぐさなあたしは結局全部の荷物を持ち歩いてました(@_@;

「シオドキ☆すたいる」「ラブレター工房」
「東西対抗なんぼのもんじゃい」「『茜雲』~あの夏を忘れない~」
以上4番組であたしのサテスタは終わります。
今日もドタバタな予感…(-_-;)

昨日のうちに、他の団体出店は大体見て回って満足したので
今日はなるべく番組を観ていようと、会場近くで過ごしました。
OB・OGの方が大勢いらして下さり、
久しぶりにお話できました!すごく嬉しかったです♪♪
自分が1年のときの4年生と、自分が4年である今話すのって
変な感覚でした(笑)
そして4年になっても、やっぱり自分は先輩っ子でした。(笑)

あとは、お昼頃に男子チアの告知パフォーマンスのMCをやりました☆
あんなに間近でチアを見たのは初めてでした!ド迫力☆
早慶戦なんかで女子のチアは見たことありますが
力強さや動きのキレなど、やっぱり男子ならではの良さがありました。

不安だった「なんぼ」のミキサーも何とか最後までやり抜き、
いよいよ「茜雲」の時間がやってきます。
予報通り律儀に昼過ぎから降りだした雨は
この時間になって、だんだん激しさを増してきていました。
スポットライトに透かされて見える雨筋が増えています。
会場は、「茜雲」の次、ラストの番組に出演する
「猫ひろし」を観に来たのであろうお客さんで超満員。
こりゃ聴かせ甲斐があるってもんです。
「お願いします、天気、もってください…」
関係者一同でお祈りした後、ついにステージへ…。

ステージカーの屋根から細い滝のように流れ落ちる雨に
こっそり冷や汗をかきながらも
確実に番組は進んでいきます。
舞台上には模造紙で作ったスクリーン。
御巣鷹や石碑のスライドが照らされています。
静かに番組を観る観客。
どれくらい真剣に聴いてもらえたのか分からないけど、
こみあげてくるものにずっと耐えていました。
心を込めて読みました。
妙に静かな空間でした。
「ああ、この舞台であたしの4年間のサテスタを締め括れてよかった」
心から、そう思いました。

番組終了と共に雨はより激しさを増し、
猫ひろしは裸足で舞台を駆け回りながら観客を沸かせていました。
結局、5時ちょうどには終わらずに、カウントダウンもしないまま
濡らしてはいけない機械類の片付けなどに終われて
気が付いたらもうコンパ会場にいた。
そんな感じの、めまぐるしい最後でした。

いろいろと考えること、思うこと、嬉しかったこと、悲しかったことはあれど
とりあえずサテスタは終わりました。
いつものように時間をかけて整理しようと思います。
めまぐるしいままで途切れているサテスタの記憶をね。

そして、何はともあれ、みなさんお疲れさまでした!
あたしはこのサークルを、そこで素敵な表情で頑張る人たちを、
これからも愛していきます(*^-^*)
11/06|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
20051108153905

11月5日(土)、10:00am。天気は晴天。
いよいよ、あたしにとって学生生活最後の学園祭がスタートしました。

今年のテーマソングは、ジャンヌダルクの「Shining ray」。
初めて聴く曲です。
去年はゆずの「命果てるまで」だったっけなぁ、なんてことを思い出して、
当日準備に駆け回る後輩達に去年の自分を重ねていました。

初日だったこの日、あたしが関わった番組は4本でした。
「新しい日本語辞書を作る会」「早大最強学部決定戦(予選)」
「同前(本選)」「魁★モテ子塾」。
…ちなみに全て資材スタッフです…(笑)
本番は、何だか知りませんが想像以上にドタバタしました(/_;)
そして、自分の臨機応変力のなさに凹みました。
問題が起きたその時に、的確に考えて動くことって
本当に本当に難しいです。

でも、FD席やPAピットから番組を観ることなんて、
今後の人生でもうないだろうな…と思うととても愛しい感覚なのです。
みんないい顔していました。楽しそうでした。これぞ学祭です。

それにしても、あたしが此処にいた4年の間に
このサークルは、そしてこの「サテライトスタジオ」という舞台は
随分と変わったようです。良い意味でも、悪い意味でも。
その変化の中には、
あたしやあたし達が影響させたこともあるはずなのです。
良くも悪くも、ささやかでも、絶対に。
ステージにそう語りかけられているような気がしました。

17:00pm。無事に全番組が終了。
去年の幹部仲間と寄り道してお買い物です。
明日後輩の幹部にプレゼントするお酒や、
サテスタ終了のカウントダウンで使うクラッカーをゲットします。

明日はいよいよサテスタ最終日☆
明日も出演や資材スタッフで4本の番組に関わります。
先日ブログにも書いた「茜雲」の朗読も明日です。

頑張りたい。無事に終わりたい。晴れてほしい。

願いはきりがないけれど、何よりも。
「いい締め括り」になることを願って…。

11/05|サークルコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

りん

  • Author:りん
  • この春から社会人1年生★美味しいお茶と素敵な声、面白い言葉をこよなく愛する♀です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。