◇◆◇新着記事◇◆◇
初めての試写会。-2006/10/14(Sat)
・小学生の作文みたいなタイトルですが(笑) いつもレイトショーを見に行っている近所の映画館で、 11月公開予定の「手紙」(東野圭吾原作)の試写会があり ちょっと前に応募

歯型を取る -2006/08/26(Sat)
・大学3年の春から始めた歯列矯正。 そろそろ終盤に差し掛かってきました。 今日は月イチの受診日。 自分で運転して、地元の矯正歯科に行きました。 今上下の歯にブラケット

新世界-2006/08/24(Thu)
・…じゃないや、別世界。またも遭遇してしましました。今度は、残業帰りの武蔵野線。帰宅ラッシュに巻き込まれてかなり混んできた車内で、一生懸命吊り革をキープしていると

言葉にならない気持ち -2006/08/24(Thu)
・そんな歌をいつだかhickyが歌ってたね。 歌詞の内容はおいといて、 このフレーズは今の気持ちにぴったりだ。

SEの飲み会 -2006/08/23(Wed)
・夜、チームに北海道からお客様がいらしたのでその歓迎会。…なぜか幹事はあたしではない…っ!!ま、いっか…( ̄▽ ̄;)その飲み会での発見。     メガネ率70%(7/1

お疲れぎみ? -2006/08/22(Tue)
・ここ2~3日、ぱたっとベッドに倒れ込んだら最後、朝まで死んだように眠っています。コメントの返信も、遅くなりがち。ごめんなさい(^_^;)なんか良くないサイクルなのを感

メガネ男子、スーツ男子 -2006/08/19(Sat)
・本屋でこの2冊の本を見つけたので立ち読みしてみた。「メガネ男子」は前からあることを知ってたんだけど、「スーツ男子」もあることを知ったのは最近。メガネもスーツも、

ひさびさばとん~ -2006/08/17(Thu)
・自分のことバトン 【見たらすぐやるバトン】 >見た人は必ずやること。 いや、別にやらんでもいいです。 ネタがなかったのでやってみてます。 *基本情報*    SN :り

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
小学生の作文みたいなタイトルですが(笑)

いつもレイトショーを見に行っている近所の映画館で、
11月公開予定の「手紙」(東野圭吾原作)の試写会があり
ちょっと前に応募した抽選でそのチケットが当たったので
元中で映画好きのマイミク、アミーゴを誘って行ってきました。
今週は残業続きで毎日帰りが10時11時になっていたのですが
昨日は定時でしれっと抜けてきちゃったw


試写会に行くのは実は初めて。
映画は自分の好きな時間帯に、
思いついてぽっと観に行くのがいいんだと思っていたのです。
決まった日の決まった時間にぎゅうぎゅう詰めの会場でやる
「試写会」というものは、私にとってどこか窮屈な印象があって、
それならお金出して自分で好きなとき観に行くよ。みたいな。
でも、地元でやる試写会なら混まないだろうと思って
試しに応募したら当たった(笑)


そんなもんだったので、映画にはそんなに期待してなかったんです。
原作はおろか、東野圭吾の作品すら読んだことなかったし。


でもね。。。期待してなかった分、すっごくすっごく良かった!
主演は山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ。旬の俳優さんです。
まだ公開されてないのであまり詳しいことは書けませんが
映画情報サイトにはちょっとあらすじが載っているので、其の程度に。

金の工面に困り盗みに入った家で、
不慮の事故によって強盗殺人犯となってしまった兄(玉山)。
兄は罪を償うため、無期懲役の服役囚となる。
その弟(山田)の人生は、兄のせいで社会からの差別と偏見に満ち、
好きなことも、仕事も、恋愛も、何もかもが奪われてしまう。
そんな彼を見守る少女、由美子(沢尻)。
そして弟の元に届く、桜模様の検閲印のついた兄からの手紙。
自分の人生の幸せ、自分の愛する人への気持ち
自分を取り巻く差別に満ちた社会への苛立ち
血の繋がった兄への愛と憎しみ
複雑な感情の中で翻弄され、悩む弟の姿を描いた作品です。

あらすじからも分かるように、
決して全体的に明るい作品ではないんです。
むしろ暗い。重い。嫌いな人は嫌いかもしれない。
ラストシーンも、ハッピーエンドではない。

でも、そのラストシーンがいいんです。
それまで淡々とした演技を見せていた玉山鉄二が
最後の最後に見せる会心の演技。
台詞も何もないのに魅入られてしまいます。
何か、救われたような気持ちになって、静かに涙が流れる、
そんなシーンです。



初めての試写会、けっこう満足。
興味ある方は是非。公開をお楽しみに。



http://www.tegami-movie.jp/
http://www.so-net.ne.jp/movie/tegami/

スポンサーサイト
10/14|cinema♪コメント(6)トラックバック(0)TOP↑

ミニシアター系の映画です。

生まれたときから一緒の仲良し女の子4人組は、
それぞれ性格も体型も得意なこともバラバラ。
ある日、体型バラバラなはずの4人が4人とも履ける
不思議なジーンズを見つけ、
「幸運を呼ぶ魔法のジーンズ」と言って買って帰ります。
それぞれの夏休みの中で、一人1週間ずつ、このジーンズを履く。
1週間が終わったら、次の1人が夏休みを過ごす場所へ郵送する。
そのジーンズを履いている1週間に自分に起きた、
ビッグニュースを添えて・・・。

ジーンズは世界中を巡って帰ってくる。
4人それぞれのひと夏の思い出を、その布地に刻みつけて。

人生って、いいことも悪いことも起きる。
16歳の少女たちにとって、
夏休みはチャンスでもあり、危機でもある。
恋に、友人に、家族に、いろんなことに悩む。
夏休みの間、1本のジーンズと確かな友情で繋がっていた少女たちの、
これは、青春のお話。

素直で、きちんとまとまっていて、
観終わった後すっきりできる作品です。
最近観た中では、結構好きな方。

はぁ。あたしも青春したいなぁ。←え。

08/01|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
相方が福島に引っ越しました。
朗読ゼミの3つ上のOG、
色白で背の高いあの先輩と同じ職場になるそうです。
世間って(部分的に)とても狭いものなのね。

さて。
こないだ借りたDVDの第二弾、

「真夜中の弥次さん喜多さん」を母親と観ました。

クドカンの頭の中どうなってんだ。。。

展開がおかしい。
喜多さんの言葉を借りるなら、「てんでリアルじゃねぇよ」。

あたしは好きだけど、嫌いな人はすごい嫌いな感じだと思う。
映画なのに、舞台観てるみたいな気分になるのね。
なんだろ、鴻上尚史の演劇みたいな、
夢幻の世界と現実世界が交じり合って交差して・・・みたいな。
で、最後それかよっ!!?みたいな。

余談ですが、
中村七之助、個人的に好きなのです。
あの、全身から放たれる女くささが。
線が細いからかなぁ。なよっとしてて。
はまり役だったなぁ。
(と言って褒め言葉にならないか、この役の場合・・・)
中村屋!(・・・いや、なんか言いたくなって)


松尾スズキの「髭のおいらん」は必見。

07/27|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今日はツタヤのレディースディ。
DVDとビデオのみ、半額レンタル可☆

ってことで・・・
「Mr. and Mrs. Smith」
「真夜中の野次さん喜多さん」
「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」
30分くらい悩んでこの3本を借りてきました。

ぶっとんだ設定で非現実感満載、な、スミス夫妻。
撃ちすぎです。
壊しすぎです。
二人ともスパイで、お互いに素性を隠したまま結婚した夫婦。
という設定なのですね。
ばれちゃった後は大喧嘩。
んで、ばれちゃったことで殺しの標的になるも
2人で力をあわせて乗り切る、という。

結構どっかんどっかん騒がしくて前半は楽しく観てたのですが
後半ちびっと眠くなった。。。
しかしジェニファー・ロペスはまじ美しいです。
しなやかで、艶やかで、残酷です。
なんであんなに視線が挑発的なのか・・・。
ため息ついちゃうなぁ。

1週間で全部観きるぞーw

07/25|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
「Pirates Of Caribbean ~The Deadman's chest~」
観てきました☆☆

22日公開ですが、地元で先行上映やってたので
待ち切れずに一人でレイトショー観てきました(笑)

他にもう観た方々も書いているように
「さらば、ジャック・スパロウ」なのになぜ第三弾があるのかは
最後まで観ないと分かりません。

それにしても、やはりDeppは良いです(*^O^*)
変人は変人でも、
「チャーリーとチョコレート工場」のウォンカさんとは全然違う!
ちょっとラリった歩き方、目線、喋り方。
ワイルドな雰囲気。カッコイイしセクシィです。
でも、やっぱりジャック・スパロウの魅力は
「カッコ悪い」とこだと思うのですよ、間違いなく!
諸手を挙げてあわあわ言いながら逃げるシーンとか。
ぐちゃぐちゃな粘液みたいのをかぶったりとか。
ましてあんなポーズで吊されたりとか…?!
…カッコ悪い!!(笑)
ネタバレするので詳しくは書けませんが、
要するに、あたしが思うに
優れた役者は、格好悪い役をきちんと格好悪く出来る。
これなんです。
まあ実際色男なのですが
カッコイイ役者がカッコイイ役できるのは当たり前だからね(^_^;)
デップの前ではオーランド・ブルームが霞む霞む。
好きなのに。(笑)

デップ以外にももちろん見所満載です。
上映中ずっと笑い通し。これは面白いです。
公開されたら是非☆☆
7月中に、ゲド戦記とハチクロも観に行かねば~☆(゜▽゜)

07/17|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
観てきました@近所に出来たワーナーマイカル。
学生じゃなくなったのって結構影響でかくって、
映画は一般料金で観るしかなくなっちゃったんですが
映画館までこの距離なら、レイトショーで全然いけます☆
てなわけで、今週2本目の映画。
原作も読んで、ヒルズの展示会も見て、いよいよ本編。
まだ観てない人もいっぱいいると思うので(まだ公開2日目だし)
ネタバレしないように気をつけます(笑)

んーと、結論から言うと、「頑張ったねぇ」って感じでした。
ハードカバーで2冊、文庫本で3冊分の内容を
何とかかんとか2時間半に収めるわけですので
どうしても内容が縮小されてしまうんですね。
とは言えど、キリスト教や世界史、象徴学の用語など
絶対に省略できない(外すと内容が分からない)部分があるのも事実。
その結果、キャラクターの細かい設定や
ラングドンやリーの面白い雑学などなどが削られてしまうのです。
物語の進行の骨はしっかりしてるので、
辻褄が合わないわけではないのですけど。
原作読まないと展開について行けないだろうなぁ、という感じです。
あと、ヴァチカンを始めとする教会側に
だいぶん配慮している印象も強かったかな。

・・・と、残念ポイントはここまでにして。
いやいや、ちゃんと面白かったですよ☆
まずキャストがはまり役。
主演のトム・ハンクスも、
ソフィー役のオドレイ・トトゥも(可愛かった☆)、リーも。
ファーシュの扱いがちょっと原作と違ってたけど。
あ、シラスがイメージ通りで良かった!
オプス・デイの慣習が実際に映像化されるとこんなにも衝撃的なのね。
相当痛そうでした。ひぃぃ。
あとね、ロケに力入ってます。
注目は、映画史上初めてルーヴル美術館がロケに応じたこと。
ウェストミンスター寺院は応じなかったらしいんですが^^;
ラストシーン、特に印象的ですよ☆
とにかくフランスとイギリスを縦横無尽に駆け巡ってます。
原作とちょっと違う部分もあり、そこもお楽しみです。


日曜夜のレイトショーにも関わらず、結構人が入っていたので
しばらくは平日に行ったら相当混んでいるかもしれませんが、
もし観にいく予定がある方は、
原作をちらっと読んでいくとbetterですよ☆

さーて、明日からまた研修。
そろそろ動きが出てきますよ。。。

05/22|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ナタリー・ポートマンがかわいかった。
でも作品としては笑うに笑えない感じ^^;
いろんな国やら宗教やら皮肉ってるので。
でも予告編の印象そのままでした。

地元映画館Banzai☆


05/18|cinema♪コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
世間はもうすぐ公開の映画、「ダ・ヴィンチ・コード」一色w
もちろんあたしも観に行きますとも。
話も面白いのですが(しかも映画向きに作ってあるしね)、
ソフィー役にオドレイ・トトゥが出るとあらば
観るっきゃないでしょう、これは!

とまぁ意気込んでいるわけなのですが、
実はもう1つ楽しみにしている映画があります。

  「間宮兄弟」

あたしの好きな佐々木蔵之介と
これまた大好きなドランクドラゴンの塚地さんの共演。
なんだそのキャスティング!と最初はハテナだったのですが
予告編観ただけで
「観よ。」
即決でした。
江國香織はこんなものも書いていたのね??という意外感と
ストーリー全体に流れるローカル感がたまりません。
あったまりそうです。心が。
キャストもいいとこに目つけたなって感じ。
時間ができたら絶対観に行きたいと思います^^

http://www.mamiya-kyoudai.com/

05/12|cinema♪コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

りん

  • Author:りん
  • この春から社会人1年生★美味しいお茶と素敵な声、面白い言葉をこよなく愛する♀です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。